託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】のおせちに入るお料理の意味

おせちに入るお料理の意味

正月の名物おせち


 

おせち料理は日持ちすることも含めて、お正月の定番料理ですよね。

 

年の初めに料理することは昔から推奨されていません。

 

刃物はものを切る為のものだから、良いご縁まで切ってしまうというゲン担ぎや

 

お正月ぐらいは「かまどの神様」に休んでいただこうと、平安時代から料理をしない風習が続いています。

 

今回は、おせちに入るお料理の意味について紹介していきます。

 

福を呼び込むおせち料理


 

おせち料理は日持ちの意味で定番の食材が使われているのではありません。

 

おせちは、おせちに入るお料理の中に色で意味をもつものがいくつもあります。

 

・黒(邪除け) 食材:黒豆

 

・赤(魔除け) 食材:海老

 

・白(清浄) 食材:イカ、かまぼこ

 

・紅白(お祝い、平安) 食材:かまぼこ

 

・黄色・金色(金運) 食材:かずのこ、金箔、金柑

 

このようにおせちでは色が意味を持ち意識されて料理に使われています。

 

離乳食時期に使えるおせち食材


 

まだまだ味の濃いものを食べさせたくない4歳以下ぐらいの子どもにオススメのおせち料理の食材は

 

・のり

 

・米

 

・大根

 

・人参

 

・さつまいも

 

・かまぼこ

 

・かぼちゃ

 

・たまご

 

などが挙げられます。是非正月も一緒に食事を囲んで楽しく過ごして下さい。