託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の子どもを守る「養護」とは?

子どもを守る「養護」とは?

保育における養護


養護(ようご)するっと聞くと、近年では、誰かの肩を持つといった意味で使われる事が多いですね。

 

意味合い的に間違いではないのですが、対象によって養護における意味は異なってきます。

 

保育における養護とは、単に子どもの世話をするということではなく安全で衛生的な環境を作り、優しく関わって子どもとの信頼関係を築いていくことを指します。

 

要約すると「子どものために」をいちばんに優先し、子どもの自尊心を大切にして、いつも優しく、暖かく接することです。

 

子どもにとっての養護


養護されて子どもが感じることは「大事にされている」ということです。

 

「僕はここで愛されている」

 

「私は大事にされている」

 

と感じられるようにしてあげること。

 

それらは、保護者をはじめとする子どもと関わる人間の言葉づかいや口調、態度や物腰にかかってきます。

 

養護って具体的に何をするの?


保育における、養護というのは食事や排泄、睡眠の手助け、病気にならない様に気を付けるといったことをイメージするかもしれませんがこれらは全体の半分ぐらいです。

 

保育における養護すべき事をまとめて紹介していきます。

 

1.健康チェック

熱や病気の症状が無いか毎日診てあげましょう。

 

2.事故防止

子どもが毎日触るモノに破損品が無いかチェックしましょう。(例:壊れたおもちゃなど)

 

3.清潔な環境作り

子どもは口に手を入れたりするので、子どもが触る場所は清潔に保ちましょう。

 

4.生理的欲求のサポート

子どもが1人では出来ない衣食住のサポートをしてあげましょう。

 

5.子どもの意図を組み取る

カタコトな言葉でも把握し、出来る限り要望に応えてあげる。また、子どもの気持ちに共感して信頼関係を築いてあげること。

 

6.見守ってあげること

子どもが1人で頑張って活動しているのを見届けてあげて、適切なサポートをしてあげること。

 

7.生活リズムを作ってあげる

子どもは、自分で生活リズムを作ることが出来ません。保護者をはじめとする子どもと関わる人間がしっかりと生活リズムを作ってあげましょう。

 

これらの事をしっかりとサポートしてあげることが養護することになります。

 

子どもの出すサインをキャッチして、信頼関係や環境への工夫、自己の選択を促しながら暖かく見守ってあげましょう。