託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の子供の驚きの成長速度

子供の驚きの成長速度

話せるようになるまで


 

子供の発達には個人差があるものの

 

1歳を過ぎるころから急成長を遂げていくことを間近で体感することになるでしょう。

 

今回は、子供の言葉の成長について紹介していきます。

 

語彙爆発


 

1歳から「語彙爆発」と呼ばれるほど、言葉の発達はめまぐるしくなります。

 

1歳では、連続する言葉「パパ」、「ママ」、「ワンワン」、「ポッポー」などを話し出すようになり

 

2歳では、「これ、なに?」、「お外、行く!」など2語で話し始めます。

 

そして3歳では、約1000語を獲得するといわれていてその成長の早さに驚きの連続でしょう。

 

正しい使い方はできない


 

言葉の意味をおおよそ理解していても

 

正しい言葉遣いが出来るわけじゃありません。

 

間違いを正すことに固執せず、まずは子どもの話すこと表現することの楽しさを共感してあげましょう。

 

1~3歳はとても大事な時期


 

あまり英才教育というのに固執するのはオススメしませんが、それでも1~3歳で子供で得る情報というのはとても大きな影響を与えます。

 

音楽で絶対音感と呼ばれる聞いただけで音階が瞬時に分かるとされる特技もこの時期を逃すと後々では、難しいとされています。

 

子供がどんな道に進むかは、成長した子供が選択すればいいと思いますが

 

成長した際に、力になる土台作りはしてあげましょう。

 

この1~3歳の大切な時期にオススメなのがテレビを見せないことです。

 

テレビを見せると手元の遊びも中断されてテレビに集中し、テレビに飽きたら手元の遊びに戻るといったような行為が繰り返されます。

 

これが続くと集中力の無い子になってしまうのです。

 

テレビを見せないで、親御さんと遊んだり、手元のおもちゃで遊んだりといったそれだけに没頭する時間が長ければ長いほど集中力が身に付くので是非試してみて下さい。