託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の待機児童が多いと入園出来ないってホント?

待機児童が多いと入園出来ないってホント?

待機児童問題

 

育児をしている方なら必ず耳にした事がある待機児童問題。

 

2019年現在4万人の待機児童がいると言われていて、今や入園出来ないという子も珍しくありません。

 

全く待機児童の事を知らない人の為に、ゼロから待機児童について紹介していきます。

 

まず、待機児童とは、保育園に入れなくて空きを待っている児童のことです。

 

保育園、幼稚園では抱えられる子ども最大人数が決まっています。

 

先生の数や、施設の規模によっても様々ですが、100人なら100人が最大で

 

何処の保育園、幼稚園も最大人数に達してるところばかりです。

 

引越しや転職など何らかの理由で100人が99人になって、はじめて1人空きが出来て

 

全国で待機している4万人の内の1人が入園する事が出来ます。

 

待機児童0地区

 

東京には、「待機児童をゼロにする」と公言して実行に移している地区があります。

 

これは待機児童問題に悩まされている家庭にとってはとても嬉しい情報ですね。

 

ですが、これが元でトラブルになってしまいました。

 

それは、待機児童問題に悩まされている家庭が殺到してしまい結局元の鞘状態になったり

 

何とか待機児童をゼロにしようと保育園を増やしたが保育士不足が深刻化して保育の質が低下しているといいます。

 

必要な保育士を確保することが精一杯でまともに研修をする時間が無かったりベテラン保育士から学ぶ時間が無く手探りの保育士さんが多いようです。

 

こういったエリアは保育士がギリギリなので、入園出来たは良いが、子どもにとって良い環境ではないかもしれません。

 

解決方法は?

 

4万人も待機児童がいるので当然ながら明確な解決方法は見つかっていません。

 

シングルマザーにとって待機児童問題は早期解決が望まれますがなかなか見通しが立っておらず、保育園や幼稚園に入園せずに小学校へという方も大勢出てきています。

 

親族の方の協力を得る以外に現状手段は無いかもしれません。