託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の歯磨きが苦手な子どもへ

歯磨きが苦手な子どもへ

子どもは歯磨きが嫌い


歯が生え始める6~9か月ごろから、段々と歯磨きを意識しなければいけなくなりますよね。

 

しかし、子どもはなかなか歯磨きさせてくれません。

 

殆どの子どもが泣きわめいて嫌がるのではないでしょうか。

 

今回は、子どもへの歯磨きの方法について紹介していきます。

 

歯磨きをする方法


賛否両論あるのかもしれませんが、嫌がってもホールドして歯磨きが最善の方法です。

 

かわいそうな気もしますが虫歯の痛みで苦しむ事になるなら

 

時として心を鬼にし、我が子を30秒ほどがっちりホールドして急いで歯磨きしちゃいましょう。

 

長時間じっとするの事が子どもは出来ないので、30秒なら30秒と決めてササッとやっちゃいましょう。

 

他の方法としては、歯ブラシの代わりにガーゼを使うという方法です。

 

嫌がるからやらないよりはガーゼで歯を拭くだけでも虫歯予防には十分なります。

 

むしろ、歯と歯の間などを磨く事が出来ないことを考えると歯ブラシで歯磨きしようがガーゼで歯磨きしようが同等の結果なのかもしれません。

 

どうしても歯磨きを嫌がる子はガーゼで磨くという方法も試されて見て下さい。

 

ごほうびをあげる


歯磨きが終わったらごほうびをあげるとこれが終わったらごほうびが待ってると習慣づいて我慢してくれるようになるかもしれません。

 

赤ちゃん用のキシリトールタブレットというのが売っており、

 

キシリトール100%のものなら食べるだけで虫歯予防になるので歯磨き後のご褒美として最適です。

 

ご褒美作戦も是非試されてみてください。