託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の生活習慣を身につけて秩序とマナーを学ばせよう

生活習慣を身につけて秩序とマナーを学ばせよう

3~5才になると秩序やマナーを学んでいく


子どもは、遊びを通して社会性や秩序、マナーを学んでいきます。

 

集団で行動するために必要な事や、その意味を自発的に学ぶのはとても重要な事です。

 

今回、保護者が気を付ける生活習慣について紹介していきます。

 

保護者が行なうべき事


お外で砂場や、泥んこ遊びをした後は、絶対に手足を洗って欲しいですよね。

 

何ならお風呂に入って来て欲しいぐらいでしょう。

 

こういった身体が汚れたら家の中は自由に走り回ったりするのはダメなんだよというのは、他でも無い保護者が教えてあげる必要があります。

 

お外で沢山遊んで汚れても大丈夫だけど、綺麗にしないと入れない場所があるというのを習慣づけてあげて下さい。

 

他にも、保護者が気を付けるべき事は、生活習慣を整えてあげる事です。

 

寝る時間が不規則だったり、ごはんを食べる時間が不規則というのは褒められた事ではありません。

 

子どもの生活リズムを整えるためにも保護者がしっかりとごはんを食べる時間を決めて、寝る時間も定めてあげましょう。

 

見守ってあげることも大切


子どもたちは遊びを通して社会性や秩序、マナーを学んでいきます。

 

子どもたちがその必要性を分かって自発的に行えるように時には見守ってあげることも大切です。

 

そして、ちゃんと正しい規則で行なう事が出来たら「自分で出来たね!」と褒めてあげて下さい。

 

一番信頼している保護者に褒められる事で正しい行いをしたのだと理解していきます。