託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の病気で休ませるかどうかの判断基準について

病気で休ませるかどうかの判断基準について

子どもを休ませるかどうかの判断基準として、一般的に平熱のプラス1度が目安となっています。しかし、熱が無くても具合が悪そうであれば病気の可能性は十分に考えられるため、子どもの様子を見て判断をします。

具体的な判断方法

出勤前、子どもを託児所に連れて行こうとしたら、「なんだかぐったりとして具合が悪そう…。」そんな経験をされた方もいらっしゃるかと思います。
こういった場合はまず、熱を測っていつもより1度以上熱が高いかどうかで判断を行います。

熱が高い場合
なるべく早めに病院に連れて行き、医師にちゃんと診てもらって下さい。
熱が無い場合
子どもの様子をよく観察して判断を行います。
「目やに」・「目の充血」・「咳」・「湿疹」・「鼻水」などの症状が無いかを確認し、「下痢」・「嘔吐」などの症状があれば、すぐに病院に連れて行き医師に診てもらうのが良いです。

無理をすると症状が悪化したり長引いてしまう可能性もありますので、親は子どもの体調が少しでも悪そうであれば、休みをとって子どもに付き添い様子を見てあげるようにして下さい。