託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の登園前、子どもが泣いて離れないとき

登園前、子どもが泣いて離れないとき

子どもを園に預け始めた頃は、登園時に「子どもと別れるのがとても大変…」という方が多いかと思います。「出勤前の忙しい時間に大号泣」・「さっきまでニコニコしてたのに急に大号泣」など、親としては「ちょっとかわいそう…」・「ずっとこんな感じだったらどうしよう…」と不安になってしまいます。
ですが、親との別れに泣き出すというのは子どもの成長の過程であり、そのうち慣れていくものなので心配しないで下さい。
また、親がいるときは激しく泣いていても、親の姿が見えなくなると諦めて泣き止み、遊び始める子どもが意外と多いのです。

必ず声をかけてあげましょう

子どもを預ける時、親が心配そうな表情をしていると、子どもはその気持を感じ取って不安になり泣いてしまいます。
そんな時は、「○○時にお迎えに行くからね!バイバイ!」と、笑顔で堂々と子どもに声をかけて出かけましょう。
表情では泣いていても、心の中では「ちゃんとお迎えに来てくれる」という安心感が芽生えるので、登園時の親とのお別れにもすぐに慣れてくるはずです。

どんなに泣く子どもでも一年間ずっと泣き続ける子どもはいませんし、月齢や性格により個人差はありますが必ず慣れてきます。始めは不安に感じるかもしれませんが、その気持をぐっと抑え、保育士と子どもを信じて見守ってみて下さい。