託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の絵本やアニメが人の気持ちを理解する土台になる。

絵本やアニメが人の気持ちを理解する土台になる。

子供は大好き絵本、アニメ


子供は、アンパンマンやドラえもん、トーマスなどを始めとしたアニメが大好きです。

 

仮面ライダーやウルトラマンなどの特撮ヒーロー、プリキュアなど可愛く変身するヒロインに憧れを持つ子も多いでしょう。

 

親御さんの中には、あまり見せたくないと思ってる方も多いようですが、実は、絵本やアニメは子供とって大事な役割を担ってくれてます。

 

今回、絵本やアニメを通して子供が学ぶことについて紹介していきます。

 

絵本やアニメのストーリーで人の気持ちを理解する


親御さんが善悪を教えなくても、自然と「これはこうしたほうがいい」というのを子供が覚えてる事があります。

 

その大きな土台になっているのが絵本やアニメのストーリーです。

 

悪い事をしたら正義の味方が来てお仕置きされるから、悪い事はしてはダメというのは絵本やアニメの中だけでなく現実でも一緒ですよね。

 

他にも、何をしたら悲しむのか、何をしたら喜ぶのかなど、絵本やアニメを見ながら覚えてそれを土台に実施する子供は多くいます。

 

見せる絵本やアニメは選定しましょう。


よく、グロ描写のあるアニメや映画が犯罪の根底にあったと報道で耳にしますがあながち間違いではありません。

 

善悪が付いて無い子供の頃から見せる絵本やアニメが暴力的なモノを見てたりすると人を叩く事がカッコイイ、人を叩くのは正義なんだといった間違った解釈を覚える可能性が十分にあります。

 

中には、もっともっと恐ろしいことが当たり前として捉えてしまう事もあるのでくれぐれも見せる絵本やアニメは大人が選んであげましょう。