託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の葬式の際の赤ちゃんの服装

葬式の際の赤ちゃんの服装

予期せぬ不幸


 

身内の不幸というのは急に訪れるもので、全く喜ばしくないですが誰にでも起こりえる可能性がありますね。

そんな時に、赤ちゃんには、どんな服装をさせればいいのか。

ベビーカーや抱っこ紐は、喪服の時に利用してもいいのか。

今回は、葬式の際の赤ちゃんの服装について紹介していきます。

お葬式の際に赤ちゃんの服装に決まりはあるのか?


 

結論から申し上げるとお葬式やお通夜に行く時の赤ちゃんの服装には、決まりはありません。

適してる服を持ってないからといって買う必要もありません。

普通通りの外出着で構いません。

可能なら、色が派手なものは控えることをお勧めします。

決まりはなくても、悲しみの席ですから

持ってる赤ちゃんの服の中でも控えめな柄や色味のものにしましょう。

葬儀の際のベビーカーや抱っこ紐


 

赤ちゃんを連れて行くために、ベビーカーや抱っこ紐が必要なら

いつもの外出と同じように使って問題ありません。

会場ではベビーカーは、参列される人の通行の妨げになるかもしれないので

会場のスタッフに畳んだ状態で、ベビーカーを置く場所は無いか尋ねられて下さい。

抱っこ紐は、会場の中では外すほうがいいでしょう。

しかし、抱っこ紐を外すと赤ちゃんのご機嫌が損ねるようでしたら使ったままでも問題ありません。

葬儀開場に着いたら


 

葬儀会場に着いたら、受付にこっそりと授乳やおむつ替えのできるスペースがあるかの確認をしましょう。

赤ちゃんを連れて行く場合、服などよりもこちらの方が重要です。

会場に着いてから無いといわれても困る場合は、事前に葬儀会場へ電話で問い合わせてもいいと思います。

可能なら、自分のほかに、赤ちゃんの世話を任せられる人が一緒に会場に居てくれるといいですね。