託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の託児所とは?保育園や幼稚園、託児所の違いを分かりやすく紹介。

保育園、幼稚園、託児所の違い

保育園、幼稚園、託児所の違いとは?

 

子どもがいるご家族でも、保育園や幼稚園、託児所の違いはイマイチ分かっていないという方は多いようです。

 

同じ子どもを預かってくれる保育園、幼稚園、託児所ですがそれぞれ何が違うのか

 

今回は、保育園、幼稚園、託児所の違いについて紹介していきます。

 

■保育園

-厚生労働省管轄

-保護者からの委託で保育を行う施設

-対象年齢:0~6才

-預かり時間:7~21時(保育園によって変動あり)

-働く保護者に適している。

 

■幼稚園

-文部科学省管轄

-保育というよりも教育的な要素が強い施設

-対象年齢:3~6才

-預かり時間:9~14時(幼稚園によって変動あり)

-小学校に入る前の予行練習に適している。

 

■託児所

-管轄 無し

-子どもを預かることに特化した施設

-対象年齢:0.5~12才

-預かり時間:24時間(託児所によって変動あり)

-短時間から長時間でも料金に応じて一時的に預かってくれる。

 

保育園、幼稚園、託児所それぞれ異なった特徴があることがわかりましたね。

 

利用するならどれが良い?

 

保育園、幼稚園、託児所それぞれ利用するならどれが一番いいのか?

 

悩まれる家庭はとても多く

 

それぞれに利用用途によって異なるので一概には言いきれないのですが

 

あえて1つ挙げるなら保育園がお勧めです。

 

保育園は、預かる時間も長く、遊びを通して子どもの成長と教育を促してくれます。

 

専業主婦で、時間に余裕がある方は幼稚園でも良いかもしれませんが、共働きで子供を長く預かって欲しいなら断然保育園です。

 

託児所は、両親どうしても手が話せないと時に一時的に預かってもらいたいという場合には最適。

 

美容院にいくまでの1時間~2時間ほど預かってもらいたいといった急な用事に対応してくれます。

 

ただし、保育園や幼稚園に比べて託児所は1時間いくらで預かりますという料金設定なので

 

保育園や幼稚園同様の時間預けると出費がとんでも無い額になる恐れがあるので用途によって使い分けて下さい。