託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の赤ちゃんが体験する人間関係

赤ちゃんが体験する人間関係

大人でも大変な人間関係


人との付き合いは、もの凄くエネルギーを使うことですよね。

 

大人でもとても苦労されてる方も多いのではないでしょうか。親以外の人と接した事が無い赤ちゃんにとってはもっと大変です。

 

今回、赤ちゃんが体験する人間関係を紹介していきます。

 

成長の段階で変わってくる。


赤ちゃんの人間関係は、赤ちゃんの年齢=成長によって変動してきます。

 

1歳前半は、カタコトで話して気持ちを言葉で伝えるようになります。犬をみたら「ワンワン!」と指を指したり、電車を見たら「デンシャ!」と言ったりするようになるでしょう。

 

2歳頃になると親とのやり取りをより楽しむようになります。自分がお腹いっぱいになると食べ物を「どうぞ」といって親に分け与えたりしてそれを楽しみだします。

 

2歳半になると、身体がしっかりしてくるので、親とのやり取りの中や、他の子と接した際に自分で思い通りにならないと苛立ちを感じて人との関わり方を知り始めます。

 

3歳になると友達と「ごっこ」遊びをやり始めます。

 

嫌な体験は絶対にすることになる。


残念なことですが、自分が体験して嫌だと感じた体験に似たような体験は、子どももする事になるでしょう。

 

自分の思い通りにならないことが人との関わりではあると知るために仕方が無い事であったり、自分とは違った考えの人が居ると知るために必要な事なのです。

 

可愛さから過保護に何でも規制するのではなく、獅子は我が子を千尋の谷に落とすを時には実行しましょう。