託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の赤ちゃんが噛むのはどんなとき?

赤ちゃんが噛むのはどんなとき?

噛み癖があって困る…


 

歯が生え始める頃になると、赤ちゃんに噛み癖が付く子がいて困っている親御さんはとても多くいらっしゃいます。

 

噛まれたら痛いことや噛んではいけない物があるのは、きちんと伝えたいですよね。

 

どうして赤ちゃんは噛み癖がついてしまうのか

 

今回は、赤ちゃんが噛むのはどんなときかについて紹介していきます。

 

赤ちゃんが噛むの理由


 

8カ月~10カ月くらいになって歯が生え始めてきた赤ちゃんは、人でも物でもなんでも噛んでしまうことがよくあります。

 

赤ちゃんが噛む理由はいくつかあります。

 

・歯の生えはじめで口の中がむずむずしている。

 

歯の生えはじめは、歯茎がむずむずとかゆくなり、いろいろなものをかんでしまうことがあります。

 

歯茎を指でこすってあげたり、歯がためを噛ませてあげることが解決策です。

 

・かむことで確かめている。

 

赤ちゃんの口の感覚が鋭く、なんでも口にものを入れることでものを確かめようとします。

 

噛むことでそれらがどういったものなのかを確かめて理解しようとしているのでこれは無理にはやめさせられません。

 

どうしても辞めさせたい場合は、ほかに気を紛らわすようにすることが最善策でしょう。

 

・反応を楽しんでいる。

 

親御さんを噛んでくる場合は、「痛い!」と反応すること面白く、遊びのように感じてる可能性があります。

 

こういった場合は、噛むことで痛いと反応するのではなく、短い時間居なくなったりするといいでしょう。

 

噛むと大好きな親御さんが居なくってしまうということを覚えたらやめるようになります。

 

主にこれらが理由です。

 

考えられる原因に応じて上手に対応し、自然にかむことをやめさせてあげましょう。

 

かむことを上手にやめさせよう!


 

赤ちゃんは加減を知らないので噛まれるととんでもなく痛いです。

 

ただ、むやみに怒っても効果はありません。

 

むしろ反応してくれることに喜んで噛み癖が加速するかもしれないので

 

噛む理由がなんなのか考えて上手くやめるように時間をかけて誘導しましょう。