託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の赤ちゃんが噛んでくるのをやめさせる方法

赤ちゃんが噛んでくるのをやめさせる方法

うちの子噛み癖がある


赤ちゃんは歯が生える関係でどうしても噛み癖が出てしまうことがあり珍しいことではありません。

 

しかし、本来であれば一通り落ち着くはずなのですが、いつまで経っても噛み癖が治らないという子もたくさんいます。

 

ある程度の年齢になると噛む力も強く、親御さんも噛まれると激痛なので辞めさせたいですよね。

 

今回は、子供の噛み癖をやめさせる方法について紹介していきます。

 

面白くて噛む


小さいころは歯がゆくて噛むという方法をとっていた子供もある程度大きくなってくるとその意味合いが変わってきます。

 

その中の理由で最も多いのが「面白いから」といった理由です。

 

噛んだ際に痛みからリアクションをとってしまうのですが、それを面白がってたまにやってくるというケースがよくあります。

 

さらに、噛めば必ず反応するということから、遊んでもらえない時の最終手段として使ってくる子もいます。

 

噛み癖は、これから出来るお友達にもしてしまうかもしれないので止めさせないといけません。

 

止めさせる方法


子供は絶えず親御さんと一緒に居たいと思っています。

 

一人遊びをするにしても親御さんが近くにいることに安心感をもって一人遊びをするのです。

 

なので、噛まれたらしっかりと「痛いからやめて」、「ダメ」というのは言い続けましょう。

 

それでも聞いてくれない場合は、最終手段として噛んだらその場を離れて少しの間一人にするという方法です。

 

これは子供にとってこの上なく思い罰です。噛んだら大好きな親御さんが居なくなって一人ぼっちになってしまうということを何度か体験すると

 

噛むと親御さんがいなくなって一人ぼっちになると学習させましょう。そうすると噛む行為は控えるようになります。

 

しかし噛む行為がかまってほしいという遊んでもらえない時のサインだとするならその点はしっかり親御さん側で改善するようにしてあげてください。