託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の赤ちゃんが言葉を覚えていく過程

赤ちゃんが言葉を覚えていく過程

1歳を超えると話し始める


1歳を過ぎると「ママ」、「パパ」、「ワンワン」、「ブーブー」など簡単な言葉を話し始めます。

 

そして、歩きはじめると色んなモノを見たり聞いたりする機会が触れるのでどんどん言葉を覚えていきその成長は目まぐるしいものになります。

 

今回は、赤ちゃんが言葉を覚えていく過程を分かりやすく紹介していきます。

 

3歳で1000語習得!


赤ちゃんは、1歳前半で「パパ」、「ママ」、「ワンワン、「ブーブー」など同じ言葉が連続する簡単な言葉を覚え始めます。

 

1歳半を過ぎると今度は、「パパ、ジュース―」、「お外、ゴー」など二つ言葉を繋いだ言葉を使いだすようになります。

 

そして、パパやママに「これ、なに?」と質問して、答えを教えて貰っていくうちに3歳になると1000語以上も習得しています。

 

最初から正しい使い方は出来ない


当然ですが、赤ちゃんは最初から言葉の正しい使い方が出来るわけではありません。

 

ですが、間違いを正す事に固執せず、子どもの言葉を使っておしゃべりしたいという気持ちを受け止めて伸ばしてあげて下さい。

 

保護者が言葉の背景に嬉しいや悲しいなどの喜怒哀楽をイントネーションで表現してあげることも言葉を覚え始めの重要なポイントなので意識して接して挙げて下さい。