託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の赤ちゃんの成長ペースを分かりやすく紹介

赤ちゃんの成長ペースを分かりやすく紹介

平均的な成長ペース


我が子の成長は、他の子と比べてみてどうなのか?親御さんならとても気になりますよね。

 

ママ友なんかが居たりしたら、参考に耳にすることもありますが

 

そうでない人は自分の子どもは遅れて無いか心配になります。

 

そこで、赤ちゃんの平均的な成長ペースをまとめて紹介していきます。

 

・0~2ヶ月 あごを持ちあげる。

 

・3~4ヶ月 首がすわる。

 

・5~6ヶ月 寝返りを打つ。

 

・7~8ヶ月 1人で座る。

 

・9~10ヶ月 はいはいをする。

 

・11~12ヶ月 つかまり立ちをする。

 

これらがおおよその目安として捉えてください。

 

もちろん赤ちゃんの発達には個人差があるので平均より遅くても心配しなくて大丈夫です。

 

運動神経には影響しない


歩くのが1歳半過ぎという子もいます。遅いのが悪い事では決してありません。

 

補助輪無しで自転車を乗る時にドキドキするように赤ちゃんが歩きだすのも体や心の準備が必要です。

 

親が強制的に歩かせようとするのはやめましょう。

 

子どもの成長が遅いと、ゆくゆくは運動するのが苦手な子になるのか心配になる親御さんが中にはいるようですが

 

身体の発達と運動神経は全く無関係です。

 

心配になる気持ちはよく分かりますが、個人差と思って気長に見守ってあげてくださいね。