託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の2歳はいたずらの時期

2歳はいたずらの時期

成長につれていたずらが始まる。


0歳から2歳になるまで色んなものを見たり聞いたりして体験してきました。

 

2歳になると身体がしっかりとしてきて、手先も器用になり出来る事がかなり増えてくると親が困る事をし始めます。

 

今回、いたずらの時期について紹介していきます。

 

体験したことへの挑戦


いたずらの多くは、体験したことへの挑戦です。

 

例えば、勝手に冷蔵庫を開けてパックジュースを取りだしてちゃんと持ちあげる事が出来ずに、こぼしてしまったら親御さんはとっても困りますよね。

 

悪さをして、いたずらをして、と怒る気持ちも分かりますが、実は赤ちゃんは挑戦しようとして失敗した姿なんです。

 

いつも両親が何処からジュースを出しているか、子どもは見ています。それを同じように実行してジュースを飲もうとしたが失敗したという結果になってしまっただけ

 

2歳は身体がしっかりして活動が活発になるので、これまで体験してきた事を自分でもやろうといろんな事に挑戦して失敗を繰り返していきます。

 

危険なことダメなことは注意してOK


自分でやってみたい気持ちが芽生えるのが2歳頃からで、これはとても良い事なのですが、親にとってはやってもらいたくない事等もあると思います。

 

赤ちゃんがやりたくても、親がダメだと思う事は遠慮なく「ダメ」と注意しましょう。

 

可能なら、赤ちゃんにやってほしくないダメな事はやらせないような環境を作ってあげておくのが理想です。

 

いたずらは、挑戦したことが上手く出来なかった結果ということを念頭に、失敗したら何でも叱るのでは無く、時には暖かく見守ってあげましょう。