託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の3才~6才までの発達の特徴

3才~6才までの発達の特徴

子どもの成長には規則性がある


子どもの成長はおおよその規則性や連続性があります。

 

その規則性や連続性を捉えながら接すると子どもの成長を的確に促す事が出来ます。

 

今回は、3才~6才までの発達の特徴について紹介していきます。

 

3才の発達の特徴


3才になるといろんな事が出来るようになります。まとめて紹介していきましょう。

 

・基本的な運動動作が身に付く。

 

・食事、おトイレ、衣類の着脱が自分で出来るようになる。

 

・語彙が急増し、盛んに質問してくるようになる。

 

・予想したりすることが出来る。

 

・友達と遊んだりし始める。

 

・ごっこ遊びがはじまる。

 

4才の発達の特徴


4才になるといろんな事が出来るようになります。まとめて紹介していきましょう。

 

・バランス感覚が付いて身体の動きがよりしっかりする。

 

・手先が器用になり、はさみを使う事も出来るようになる。

 

・自然環境に興味を示し、積極的に触れ合うようになる。

 

・妄想して楽しむ事が出来るようになる。

 

・目的を持って行動することが出来る。

 

・つくったり、書いたりすることが出来る。

 

・友達との関係が深くなる。

 

・友達とのケンカが増える。

 

・身近な人の気持ちを理解することが出来るようになる。

 

5才の発達の特徴


5才になるといろんな事が出来るようになります。まとめて紹介していきましょう。

 

・運動機能が、ますます発達して活発に遊ぶようになる。

 

・生活に必要な事は殆ど1人で出来るようになる。

 

・言葉を通して友達と共通のイメージを持って接することが出来るようになる。

 

・目的を持って友達と同じ活動を行う事が出来るようになる。

 

・自分ルールを作るようになる。

 

・集団の1人として自覚することが出来るようになる。

 

・自分の気持ちを伝えたり相手の話しを聞こうとする。

 

6才の発達の特徴


6才になるといろんな事が出来るようになります。まとめて紹介していきましょう。

 

・全身運動が滑らかになる。

 

・いろんな運動に興味を持ち挑戦し始める。

 

・手先がより器用になり、絵や工作を楽しみ始める。

 

・予想、見通しを立てる力が付く。

 

・思考力、認識力が高くなり、文字や数字を理解する。

 

・自立心が高まる。

 

・ごっこ遊びの役割分担を活発に取り入れるようになる。

 

特徴を踏まえて経験を積ませてあげよう。


託児所や保育園、幼稚園では、各年齢の特徴をとらえたプログラムが年間を通して取り入れられています。

 

しかし、自宅では、変わらずに接し続ける家庭が殆どです。

 

子どもは、成長に伴って興味を示すものが変わって来ます。

 

各年齢の発達の特徴を捉えて興味を示すものを提示してあげて、よりよい経験を積み重ね上げて下さい。