託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の赤ちゃんがわざと頭をぶつける理由

赤ちゃんがわざと頭をぶつける理由

 

わざと頭をぶつける理由


1歳頃になると主に男の子が壁や床、硬いところに頭をゴンっとぶつける事が多くあります。

 

我が子だけなのでは?と思う方も多いと思いますがこの行為をする子は多いそうです。

 

なんで、この行為をするのかについて紹介していきます。

 

・ぶつけるのが楽しい

 

頭をぶつけた際になるゴンっという音が楽しくてやっている事があります。

 

ぶつけている際に、泣いておらず、笑っていたら楽しんでる場合があります。

 

・眠い

 

頭をぶつける理由の1つとして、眠たいという事があります。子供は眠くなるとグズることがあります。

 

その一種で、泣きながら頭をゴンゴンぶつけて教えていると考えられます。

 

・癇癪、怒ってる

 

これも頭をぶつける理由として多いと思います。

 

1歳〜3歳の子は、自分の意思をハッキリ持ち始め、やれる事も増えてきて、大人に気持ちを伝える事が出来るようになってきます。

 

しかし、全てを伝える事ができないので、感情を頭をぶつけて表している場合があります。

 

・ストレス

 

子供がストレスを感じた際に頭をぶつける事もあるようです。

 

親が喧嘩をしていて空気が悪かったり、子供自身が嫌だと感じる環境に置かれていると頭をぶつける事が多くなるようです。

 

わざと頭をぶつける対策


対策はそれぞれによって異なるので、上記別に対策を紹介します。

 

・楽しんでる場合

 

音がなるのを楽しんでる場合は、別のオモチャで気を引くようにしましょう。

 

他には、クッションを当ててあげたり、怪我をしないように工夫をしましょう。

 

・眠い場合

 

眠たい場合は、寝かせてあげる事が一番です。

 

1人で寝ることが出来ない子が多いと思いますので、抱っこしてあげたり、寝る前のルーティーンがある場合はそれを行って寝かしつけをしましょう。

 

・怒ってる場合

 

怒ってる場合は、子供の思い通りにしてあげるか別の事に興味をそらしてあげるようにしましょう。

 

悪い事はやらせませんが、やらせても問題のないこと例えば、タイマーのスイッチを押すなど可能な範囲でやらせてあげることで、満足する事もあります。

 

・ストレス

 

子供がストレスで頭をぶつけてる場合は、子供がストレスとなっている物がないか探して取り除いてあげます。

 

また、抱き締めて、大丈夫だよと伝えるのも1つの手です。

 

最後に


いかがでしたでしょうか?

 

子供が頭をぶつける行為を見ると本当にビックリしますよね。子供が頭をぶつける行為を見た時は止めて、子供の気持ちに寄り添いましょう。

 

もし3歳以上になっても続ける場合は、自閉症などの可能性があるので、病院で診てもらって下さい。